ルーカスのこと。

ルーカスっつっても映画監督の名字じゃない。コレジオ・サンタナに去年までいた中学生の男の子の名前。

ものすごいイケメンで、やたらとサッカーが上手く、ウチの大学にみんな招いてサッカー大会をしたときも、ルーカスがドリブルをしだすとウチの女子どもがいっせいに騒いで写メを取り出して、もういっぱしのアイドルみたいになっていた。

サンタナは中学までしかないから、15歳になったら卒業しないといけない。

卒業間近になったある日、とつぜんルーカスがブラジルに帰ってしまった。まだ中学も卒業していない。

どうしたの、と聞くと、実はルーカスの父親が、サッカー選手になるという自分の夢を息子のルーカスに託していて、どうしてもブラジルでサッカー選手にさせようとして、それでどこかの街のサッカークラブに入れるためにひとりでブラジルに帰したらしい。たしか姉だか従姉妹だかがいたらしいので、完全にひとりではないけれども、15歳で日本に住む両親と離れて、ほとんど記憶にもないブラジルに帰らさせられたということだった。

ものすごく心配した。サンタナの先生たちもものすごく心配していた。正直、15歳を過ぎてからサッカーの教育を受けても、ブラジルの水準にはとても追いつけないだろう。まともに学校にも行かずに、サッカーでも挫折したら、もうあとは転落するしかない。校長先生も泣いて心配していた。

そのあとしばらくして、ルーカスが地元の高校に進学したという知らせが入った。ルーカスの親戚が写真をたくさん送ってきて、俺も見せてもらった。

「ブラジルでは、気持ちの良い夕方、テラスに出てアイスティーを飲みます」と校長先生が説明してくれた。それは、ルーカスが、同年代ぐらいの友人たちと一緒に、玄関のテラスに座って、アイスティーを飲んでる写真だった。

サンタナでは、いつもちょっと不満そうで寂しそうな顔をしていたルーカスが、とてもリラックスした、男らしい顔になっていた。ああ、ブラジル人っていいな、ブラジルでの生活って、貧しくても楽しいんだな、と思った。

ウチの大学のグラウンドで一緒にサッカーをしたルーカスとは、たぶん二度と会うことはないと思うし、むこうも俺のことなんかもう覚えてないと思うけど、元気で頑張れよ。俺も日本で頑張るよ。

ごごごご……

こんにちは!!

きしです。(おさい作成)

こんにちは!!

おさいです。(きし作成)

こんにちは!!!

ごごごごご……

近況報告はFacebookの方で(笑)今年ももうすぐ終わりですな。今年もよう仕事したわ。まだまだだけど。来年は書くほうで頑張りたい。

「ジョジョ顔メーカー」はこちら。 http://v-room.net/g/daijin/jojoface1.html

大学とミスコン

ついったぜんぜん見なくなってるけど久しぶりに見たらミスコンの話ってまだ続いてるんか…フェミとかミスコンとかようわからんけど、ひとことだけ書くと、大学でメシを食ってるものとしては、大学という場所で「女を顔や体で選ぶ」っていうイベントを堂々とやってほしくない。大学という場所で必要なものは何よりも多様性や批判意識であって、おれが個人的に学生さんたちに身につけてほしいなあと思うような価値観や態度や能力と、ミスコンとは対極にある。もちろん顔や体が自慢の女子がいてもよい。でも、ひきこもりや摂食障害やいろんな傷を抱えた学生が自分なりに生きていく道を探そうとしていたり、就活に疑問を感じて急に社会学の勉強をしたくなってわざと一年留年したり、バイトもせず4年間ひたすら楽器の練習だけをしていたり、下宿のマンションが友人のたまり場になっていたり、飲み会で泥酔してみんなに迷惑をかけたり、海外に行ったまま帰ってこなかったり、しぬほど本を読んだり、いろんな学生に大学にいてほしいし、そういう「いろいろであること」が評価される場所であってほしい。だから大学でミスコンやることには反対だし不愉快。そういう意味で反対。大学っていってももうおれ自身ただのサービス業だと思ってるし、そんなに世の中から隔絶した文化的治外法権とかそういう時代じゃないのはわかってるけど、それでも4年間何してもいい、何もしなくてもいい、誰になってもいい、誰であってもいい、いろんな歴史的条件の重なりでたまたま今そうなってるだけなんだけど、それでも大学はそういう空間であってほしいし、社会のなかにそういう空間がひとつぐらいあってもいいし、ながい人生のなかで4年間ぐらいそういう時間があってもいいと思う。だめかな。

私の考える「会議」とは何か

こないだどっかで、誰と言うてたんだっけな、バーベキューの話。

 

酒飲みながらバーベキュー食べるひとは、ゆっくり焼きながらゆっくり食いたいよね。

 

でも酒飲まないひとは、お腹減ってるから早く食べたいし、食べるの遅いひとは、どうしても他のひとに取られちゃうので、とにかく網の上にたくさん乗せて焼けるだけ焼いたりする。

 

そうすると、酒飲みながらゆっくり焼いてゆっくり食いたい人からすると、もうなんかせわしないというか、焦(あせ)らさせられる(焦らされる?)(焦らせられる?)(焦られさせられる?)(いま気付いたけど「焦らす(あせらす)」と「焦らす(じらす)」って同じ漢字なんだね)というか、急かされるみたいで、ゆっくり食えないんだよな。

 

でも少しだけのせてゆっくり焼いてると、お酒飲まないとヒマだしお腹減っちゃうし、男のひとにぜんぶ取られちゃうんで、たくさん焼きたいよね。

 

網の上で肉がたくさんじゅーじゅー言うてるのって楽しいよな。いかにも野外でバーベキューしてる雰囲気だよね。

 

このへんはさ、だから、お互いが理解して気を使って、お互いゆずりあって楽しく肉焼けばいいんだよね。

 

でもお酒入ったり、野外で疲れてたりすると、どうしてももう、他人に気を使うのが面倒になるよね。

 

だからもう、はっきり話し合って議論して、ちゃんとルールを決めていけばいいんだよな。みんな大人なんだし、ちゃんとしたルールを決めずに適当にやってたら、声が小さい人だけが不利益をこうむるよね。重大な不公平や不公正が発生する可能性もある。従って平等に全員が肉を楽しむことができるようなルール作りが喫緊の課題となる。

 

まず考えられるのは、網を横半分に区切って、むかって右側をゆっくり焼く用、左側を一度にたくさん焼く用にすればよい、ということである。おそらく緊急の場合はこれで十分対応できると考えられるが、それでもこうした大雑把なルールでは、細かいところでクレームが出される恐れがある。

 

網を半分にして片方でゆっくり焼く、というやり方は、網の半分の領域において、何も焼いていない空間が多くを占めてしまうということにつながる。そしてこれは、一度にたくさん焼きたい派からすれば、網という資源を独占しながら有効活用していないどころか、それによってもっと焼けるはずの焼きたい派の利益を毀損することにもなっている。

 

さらに、もしゆっくり派が2人で焼きたい派が5人というメンバー構成であった場合、網を半分に仕切るという単純なルールでは明らかに片方が不利益を蒙ることになる。また、同じ人数であっても、片方の平均体重が100キロでもう片方が30キロであった場合にも、やはり片側に理不尽な不利益が生じることを防ぐことができない。したがって、人数と平均体重を何らかの適当なやり方で計算し、網の面積を最適な割合で配分すべきである。

 

この体重に関しては女性などから正確な申告がなされない恐れもあるので、バーベキューに参加する際に医療機関において体重を厳正に計測し、医師によって体重が記入された参加希望書を提出すべきである。なお、この体重は体重計によって計測しただけの単純体重ではなく、実際に肉を食べる量の肉係数によって再計算された修正体重が望ましい。

 

さて、参加者全員が修正体重を申告し、焼きたい派とゆっくり派の網の割合を最適配分したら、いよいよ肉を焼くという手順に移行しますが、市販のバーベキューセットの台の部分の横に、B-CASカードを挿入するスロットがあります。詳しくは各製品の取り扱い説明書を参照してください。このスロットに正しくカードを挿入しなければ、地デジの信号を受信することはできません。なお、この地デジは、違法な改造や転売などを防止し、視聴者皆さまの正当な法的権利を守るという目的で、所有権を弊社が保持しております。したがって、DVDレコーダ等をカードが挿入されたままの状態で第三者に譲渡・賃貸・転売することはできません。また、このカードは単体では販売されていませんので、もし紛失等の事故があった際には、弊社まで再発行のお申し込みをしてください。再発行には2000円の事務手数料がかかりますのでご了承ください。なお、この通話は、お客様へのサービス向上のために録音されていることをご了承ください。それではメインメニューです。カードの再発行手続きの方は、プッシュボタンの1を。その他の用件の方は、2を

久しぶりにおはきなを。

なんとなく久しぶりにおはきなの写真です。

 

きなこです。

 

 

 

おはぎです。

 

 

ひさしぶりにおはきなの写真でした。

新聞にのりました……

めっちゃ写真が恥ずかしいですが、中日新聞広域滋賀版で、ブラジル人学校のプロジェクトを報道していただきました。ありがとうございます!

ちょっと前なんだけど自分の写真が恥ずかしくて誰にも見せてなかった。もうこの笑顔がめっちゃイヤ……ほんま汚いおっさんやな……お恥ずかしいかぎりでございます。

 

しばらく夏休みだったんですが、今日、1ヵ月半ぶりに行ってきました。

小さい子増えたな。

 

ひとり海賊がいる(笑)

授業が終わったあとiPhoneで写真撮ってたら、やっぱりそういうときには女子が集まってくるね。

ホラ、キミもかわいく撮れてるで〜〜(関西系日本語)

 

ちょっと前の授業風景。学生さんたちも頑張ってます。

 

というわけで、いつもFaceBookで書いてるけど、ひさしぶりにこっちで書いてみた。詳しくはこちらのページで。

ブラジル人学校のための「素人向け」日本語教材

最初に作って放ったらかしですが……教材はもうかなり進んでおります。ちなみにGoogleで「ブラジル人学校 日本語教材」で検索すると1位です(笑)。みなさまのおかげです、ありがとうございます!

 

俺だよ俺(本物)

こないだあれどこやったっけ、近所かどっかでメシ食ってたら、横のおばあちゃんふたりが面白い話してて、孫から電話かかってきて1万円貸してって言われて、何すんのっていったら、香港旅行するんだけどお金足りないって言われて。あんたそれ1万円ぐらい足りへんってそんなことあるか。いやわたしもそう思たんやけど、旅行行かれへんかったらかわいそうやし。貸したんか。貸した貸した。

あーーそうか、子どもや孫がおばあちゃんにちょっとお金借りるっていうことが、こんなに日常的におこなわれてるから、振り込め詐欺みたいなんに高齢者がみんな引っかかるんだなと目ウロコだった。なるほどなあ。「俺だよ俺」っていう電話って、じっさいにものすごくたくさんあるんだな。本人からの本物のやつが。

人が減ってしまうことについて。

被災地から人口が流出してることが「問題」だっていう語られ方と、都市部落から人口が流出してることが「問題」だっていう語られ方が似てるなあと思った。語ってるのは前者はマスコミや政治家、後者は内部の運動団体だけど。

—————————————

被災地からどんどん人が減ってしまうことが問題なんですよ、と、テレビの解説者や学者や政治家が語る。

ひとつのコミュニティや街が消えてしまうということは、そこに住んでた人たちや、その地域につながりがある人たちにとっては、悲しくて辛いことだろう。

だけど、さいきん何人かの政治家が、「ここにはもう人は住めない」とか「別の場所に住んだほうがよい」とか言って、激しく批判されるということが続いている。

なんだか、まるで津波なんかはじめから無かったかのような、完全に「元のままの街」にすることが「復興」だっていうことになってるみたいだ。

もとから人口が著しく減少している地域だし、高度成長期前みたいな活気のある漁師町に戻ることはかなり難しい。特に津波があった後では、それは本当に難しいことだろう。厳しい言い方をすれば、もともと斜陽だった産業を、これまでよりもはるかに多額の税金を注ぎ込んで保護するだけの結果になってしまうかもしれない。

さらに、被災地に限らず一般的に言っても、人口が減少する時代では、人びとは僻地に散らばって住むより、各地域ごとの中核都市に集まって住んだ方が、行政サービスも医療もビジネスも効率的なんじゃないかと思う。

もちろん、このままこの街に住み続けたい、という人びとの気持ちは最大限に尊重されるべきだし、そのために(経済ではなく)政治というものが存在するのだろう。

でも、元のコミュニティをそのままの形で再生することはできませんよ、ある程度の移動は仕方ないですよ、というと、感情的に批判されてしまう。

—————————————

他方で、都市部落でも、内部の運動団体に関わる何人かの人たち(全てではない)も、地域から人が減ってしまうことにものすごく危機感を持っていて、なんとかして「人口を増加させる」ことができないかを考えている。

都市部落の場合は被災地とはまったく逆に、これまでの運動や施策が成功して、学歴や階層を上昇させることができた人たちの多くが、周辺地域にマンションや建て売り住宅を購入して住んでいるので、「流出」といっても、どこかへ消えていなくなってしまうわけではない。都市部落の流出は、運動と施策の成功の結果という側面がある。

だが、一部の運動方針として、減ってしまった若年層や中間層を呼び戻そうと叫ばれることがある。そのために、特に流出した中流階級の人たちが戻ってこれるように、何らかの優遇策を打ち出すことが必要だと言われることもある。

確かに、いま都市部落に残っているのは貧困層と高齢者ばかりなので、「この人たちの面倒を誰が見るんだろう」と考えると、若年層や中間層が流出して運動団体が弱体化していくことには危機感を感じる。

しかし、人口流出と高齢者の滞留を前提にして街づくりをすべきだと言うと、やや感情的な反応をされることがある。私たちのコミュニティを「否定」するのですかと、まあさすがにそこまではっきり言われたことはないけど、まあでもそういうふうに思ってるみたいだな、と感じたことは何度もある。運動の最盛期だった60年代や70年代を知ってる人たちは特にそうだ。

でも、運動の最盛期のころのように、たくさんの人たちが地域に住んで運動に参加するように「人工的に」することは、たぶんもうものすごく難しくなっているだろう。60年代から今までのあいだにあった、マクロな社会変動や経済変動を、まったく無かったことにすることはできない。そういう変動の結果として地域の人口流出はあるのであって、それはミクロな優遇策とか啓発活動などで逆転させることはできない。

—————————————

なにかの大きな出来事があって、そのせいで、ある地域に大きな変化が生まれているときに、その変化に対応して適応しましょうよ、というと、その変化が起きるまえのコミュニティの「価値を否定」しているかのように解釈されてしまう。

このへんが似てるなあと思った。

動物愛護関係の法律のパブリックコメントを送ろう。

いやあ知らんかった……ついさっき知った。今日(8/27)までです!!急ごう!!!!!

まずはここの「ほぼ日」のページをご覧ください。

犬と猫と人間のはなし

よくまとまっています。上から順番に読んでいってください。

パブリックコメントの受付先も文章の書き方もすべて載っています。

これでも十分なのですが、私なりに例文に書き加えたものを以下に掲載します。急いで書いたので、もとの文章にほんの少し書き足しただけです。もしもっとよい文章を書いたひとは、どうか私にも教えてください。

みんなで送りましょう。日本の現状は本当に、本当にひどすぎると思います。

—————————————

「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見

1)意見提出者:岸政彦

2)住所:〒ooo-oooo 大阪市oo区ooooooo

3)連絡先電話番号:06-oooo-oooo
メールアドレス:kisi(@)sociologbook.net

4)意見:

■「2(1)深夜の生体展示規制」について

・本来は爬虫類なども含めるべきですが、とりあえずは犬や猫、猿、ウサギなどのほ乳類について、20時以降の生態展示は禁止すべきです。

・更に1日の展示時間、連続展示可能時間、休憩時間を設定すべきです。(例:週に5日間、2日間は休み。1日8時間、連続4時間、休憩1時間)

■「2(2)移動販売」について

・動物の移動販売については、動物のストレス、トレーサビリティ、アフターケア、感染症などの問題があり、これを禁止すべきです。

■「2(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化」について

販売形態に限らず、動物の販売方法として、販売時の対面説明と現物確認ができない取引はすべて禁止すべきです。対面販売・対面説明・現物確認の義務化に賛成です。

■「2(4)犬猫オークション市場(せり市)」について

・動物愛護の観点でいえば、本来オークション自体を廃止すべきです。

・動物取扱業に含めるべきです。

・トレーサビリティーの確認ができないオークションは法律で禁止すべきです。

[理由]

現在、オークションでは繁殖業者と販売業者が直接接触できないしくみになっており、トレーサビリティーが機能しない主原因になっています。せりによる価格の売買だけではなく、その後に販売業者がトレーサビリティーを確認できたことをもって、取引成立とするようにしくみを変更すれば、取引上問題ないはずです。そもそも買い手が購入する犬猫の情報を取得できないこと自体、売買取引として不健全です。監督官庁は放置すべきではありません。この問題が解決しない限り、オークション問題は何も解決しないと言っていいでしょう。今回、絶対に反映すべきだと考えます。

■「2(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢」について

今後、具体的に推進していくためには、海外事例が豊富な8週齢にし、規制は強制力のある法改正で導入すべきです。

[理由]

前回(5年前)の改正時に事業者による自主規制を充実させるために改正を見送った項目であり、また見送って10年先送りにするのは、一国民として絶対に認められません。

■「2(6)犬猫の繁殖制限措置」について

・事業者による自主規制に任せるのは反対です。

・犬猫共に年に2回以上、一生のうち6回以上出産させてはならないと法で規制すべきです。

・犬猫共に繁殖を目的として、1歳未満のメスに出産させてはならないと法で規制すべきです。

■「2(7)飼養施設の適正化」について

・犬や猫の習性や生物的特徴に合わせた飼養施設の法的規制が必要と考えます。犬や猫の体長や体高に基づいた、何らかの数値化を求めます。

■「2(10)登録取消の運用の強化」について

「虐待の違法性をどこが・何をもって判断するのか」は、大変重要な問題であり、現在の体制だけでも公に広めるべきです。(例:動物の虐待を見掛けたら最寄の警察署へ通報できるようにする。)また、虐待をしていると判断された業者は、即時登録取り消しなどの行政処分を下されることが絶対に必要です。

[理由]

虐待現場を目撃しても、どこに通報すればいいのか知らないでいる人が多いのが現状です。動物愛護の観点から見て、あまりにレベルが低いと思います。虐待を見つけたら、一般の人はどこへ連絡すればいいのか、それがどんな体制で解決されていくのか、体制として周知すべきです。また、獣医師による助言等によって虐待かどうかを行政が判断し、該当する業者に何らかの処分を下せるようにすることが必要です。

■「その他:殺処分方法の改善」について

少なくとも幼齢・高齢の犬猫に対しては、二酸化炭素のみによる殺処分を禁止し、麻酔薬併用の方法に改善すること。

[理由]

動物愛護の観点からも、二酸化炭素による殺処分方法は原則禁止するべきです。自治体によって頭数や予算による違いがあって一律の規制が難しいのであれば、「子猫子犬」に限定して実施するなど、殺処分の頭数が減少した現在、可能なはずです。二酸化炭素による方法を選択する理由はありません。二酸化炭素の処分について、問題があることは国も認めている以上、放置することはできません。また、今回の法改正で反映しない場合は、中央環境審議会動物愛護部会において、専門委員会を設け、特に議論することを求めます。