戦争と女

 それでまぁ、俺ら子どもって、17(歳)か。だからある程度は、引き揚げに対してなんかいろいろなことがあるだろうなぁと、暴動が列車襲ったり、な、することもあるだろうなって、子ども心に思っとったんや。

 17のとき。列車、貨物列車やで。日本でも走ってるやろ。貨物列車にな、何両あったかな、結構長かった。10両くらいあったかな。お互いにこうわかれて乗って引き揚げてきたんや。

 子ども心に何かあるだろうな〜って、何か暴動でもけーへんかなーっ思いよった。そしたらそんなにないんや、最初のうちはな。かえってな、駅に止まるでしょそしたら、チャイナ、いうたら怒られるけど、向こうの原住民がいろいろと物を持って売りに来るわけや。いろいろとね、食べ物を。あれ買ってくれこれ買ってくれやって。まだ日本人金もっとったから、ようみんな買って食べよった。

 俺はそんな持ってなかったけど。それがな親父がな、負けたときに何かあったら困るから、あんとき、あそこの価格で1000円か。兄弟に、これ持っとけよと。間違いあったらこれで生活しろよって。で終戦になって金を貰たんだけど、その金をな、性格通りあほやからな、その金をな、いらんことに使ってもうて。

 持ってへんかったけど、引き揚げの最中は金要らないから、一銭も俺らは。結局弁当買うのにも何買うのにもまんじゅう買うのにも親父が出してくれよったからな。だから、金使うことはなかったけどな、最初はそういう調子やったからな、「あぁ引き揚げってそんなたいしたことない」って思っとった。

 そしてあるときな、途中で、一晩列車のそばで寝たことがある。列車が動かんから。で、中国の兵隊さんが来て、今晩一人女をだせっていうてきたんや。それで初めて「負けたんだな」「負けたらこういうことがあるんだな」。

 女だせったって、簡単にあんた行ってくれ、こっち来てくれって言えへんやろ?

 そしたら、引き揚げる前に遊郭をしてた、ここでいう飛田みたいなとこ、そういう子が、まぁどんな話をしたんかしらんけども「じゃー行ってきます」いうて、一晩中国、中国軍の政府軍の兵隊の、こう、夜伽みたいなもんで一晩泊まったわけ。「あぁやっぱりな」っと思ってな。

—————————————

17歳で満州からの引き揚げを経験した元ホームレスの男性の語りです。今年出版される(予定の)私のインタビュー集に掲載される生活史の、ほんの一部です。

ある政治家の発言の影響で、戦争と性暴力が話題になっていたので、ふと思い立って掲載しました。書店に並んでいたら買ってください(笑)

差別的な表現も含まれていますが、語られたまま記録しました。

戦争、戦時性暴力、あるいは性暴力一般、さらにセックスワークの問題についてここで議論はしませんが、例の発言やそれに続く論争を見ていて、「戦争とはそういうものだ」「男とはそういうものだ」という一言で片付けたりせず、野蛮なものは野蛮だと、嫌なものは嫌だと、言いつづけることが大事なのかもしれない、と思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。