瓢箪山

また天満のマッサージ屋の話ですが。

こないだまた台湾人の店長のHさんにぎゅうぎゅう揉まれてたら、ひとりのおっさんが入ってきて、「暑いから涼ませて! 休憩させて!」と大きな声で言った。スタッフは追い出そうとしたんだけど、Hさんは俺を揉みながら「いいですよ! どうぞどうぞ」と言った。なんていいひとなんだろう。

そのあとそのおっちゃんは、店の若い女性のスタッフをつかまえて、えんえん独り言のように喋り出した。

おっちゃん「ぼくは小説家なんやけどね。けっこう売れてるんですよ」

スタッフ「すごいですねー。又吉さんの『火花』とかすごいですもんね」

おっちゃん「あんなのたいしたことないで。俺の弟の本のほうが売れてるで」

弟か。

そのあと、そのスタッフの女の子に、瓢箪山にあるワンルームマンションがお得だからそこに住めとしつこくせまっていた。瓢箪山って知ってるか? いえ知りません。瓢箪山知らんのか! 近鉄や。近鉄奈良線や。こっからやったら鶴橋から乗り換えたらすぐやで。なんで? いまどこに住んでるの? どんな部屋? 家賃いくら? それやったら絶対ここのほうがええで。

そのうちどこかに携帯をかけだした。電話越しに誰かを喋ってる。するといきなり女の子に「ちょっとかわって」って言って携帯を渡した。

もうスタッフの女の子も困り果てている。でも仕方なく電話をかわると、なんか適当に、はい、いいえ、そうですか、はい、と返事していた。

電話を切って、おっさんがどうやった? って聞いたら、鶴橋から瓢箪山まで25分ぐらいかかって、そこからまた10分ぐらい歩くんですよ。

そのあたりから俺も聞いてなくて、覚えてない。

マッサージが終わって、トイレに行って、帰ってきたら、おっちゃんは奥の詰所みたいなところに隔離されていた。

店を出てから、腹が減っていたので、てんぷら定食屋に入ってカウンターに座り、てんぷら定食を頼んだ。隣に座っていた見ず知らずのおばちゃんが、とつぜん俺に「空(あ)くときは一気に空きますなあ」と言った。

それまでカウンターが満席で、ようやくひとつ空いてる席がそのおばちゃんの横で、そこに座ったのだが、俺が座ったとたん、カウンターに座っていたおっちゃんたちがまるで集団客のようにいっせいに食べ終わって立ち去っていって、カウンターががら空きになった。

がら空きのカウンターの、いちばん隅っこで、おれとおばちゃんは隣り合わせでくっついててんぷら定食を食べた。えび、とり、いか、茄子、かきあげ、玉子のてんぷらに味噌汁とご飯がついて750円。てんぷらは揚げたてのやつがひとつずつ皿に盛られる。

おばちゃんは「この店ずっと気になってましてん。いっつも並んでますやろ。今日はじめて入ったろと思って、20分ほど並んだのに、いまガラガラですわ」と言いながらてんぷら定食を食べていた。

先に食べ終わった俺はおばちゃんに、お先です、と挨拶して店を出た。

他人に対するハードルが低すぎる街である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。