大阪の「空気」(1)

(タイトル変更しました)

せっかくGWで家にいるのに仕事もはかどらないのでオチを考えずに適当に書く。せんじつ、橋下の支持層についてついったでいろいろ書かれたことが話題になっていたが(うしろ先生のこれな)、実証系/計量系のひとたちからえらい叩かれていたが、まことに計量の道は修羅の道。あんまり適当なことは言わんほうがいいのである。ただまあ、この問題についてはいろいろ自由に議論すべきだと思うし、うしろ先生のこのとげったも、そういう議論のためのよいきかっけにはなったと思う。どうでもいいけどうしろ先生ははやく本を送れ。

確かに橋下の支持層がどういうプロフィールなのかは、やっぱり気になるところではある。しかしまあ、いまのところは特定の階層や学歴に集中しているという証拠はないし、そもそもどの世論調査でも圧倒的な支持率なので、すべての階層・集団でまんべんなく支持されていると思ったほうがいいだろう。

大阪府知事・大阪市長同日選挙における有権者の特性と投票行動については、この調査があるので、そろそろ出るはずの分析結果を待ちたい。
府民の政治・市民参加と選挙に関する社会調査

ものすごい大雑把な結果報告なら出ているようだ。
コンフリクトの人文学国際研究教育拠点 大阪大学グローバルCOEプログラム japanese | 大学院生調査研究助成
大阪府知事・大阪市長同日選挙の支持対立に潜在する 住民コンフリクトの実証研究(pdf)

調査の結果、おおよそ次のようなことが明らかとなった。橋下大阪市長は過半数の支持を得ているということ(「支持する」「ある程度支持する」の合計で 80%程度)、また各政党の支持者(無党派層を含む)から多くの支持を得ていること、それに対して大阪維新の会の支持率は、既存の政党に比べて特別高いとは言えないこと、有権者は投票する際に「候補者の政策」を重視していること、などである。今後は有権者の社会経済的地位と支持政党・投票行動の関係について、詳細に分析する予定である。

80%という驚くべき支持率であるが、これをみると完全に橋下ひとりの人気であり、小泉ブームとそのあとの惨状、民主党ブームとそのあとの惨状を思い出せば、なかなか数年後には「あれはいったい何やってんやろ」となっているかもしれない(日本の公選首相/大統領になっているかもしれないけど)。

橋下の人気に関してはいまのところ誰も勝てるやつはいない。大阪に住んでいるとわかるのだが、彼はほんとうにめちゃくちゃ人気がある。市の職員ですら心酔してるひとが多い。関係ないですが、こないだ市民オンブズマン的なひとと喋ったんだけど、「むかしは市の組合の連中が偉そうにしとったけど、橋下に変わってから急に態度が変わって、いちおう話だけは聞いてくれるようになった」と言うておられた。

やはり橋下を支持するにしても批判するにしても、彼が誰と何をやっているのかをよく見届けないといけないと思うんだけど、なかなか行政の細かいところまでの話は入ってこない。「ハシズム」みたいなバカな批判の仕方してて勝てるわけがない。事実が大事なのである。そんななか、赤旗がよい仕事をしている。

橋下「改革」の危険 4年の実態に見る/市長になっても 全世代への負担増

いやあ、すごいなあ(笑)全文引用したいぐらい。たいへんよいまとめだと思う。ここまで列挙されるとなんというか、壮観というか、すごい削り方やな。個人的には学生のときに何度も通った万博公園の児童文学館が廃止されたのは一生忘れないと思う。あとクレオ大阪もほんとうに閉館するんだろうか。DVのとき誰に相談したらいいんだろう。

ただ、こういう切り捨て方は、実はもう10年以上前からの既定路線であって、橋下ひとりが暴走して独裁的コストカッターになっているわけではない。市内の被差別部落での解放会館や高齢者施設などはもうずいぶん前から廃止の方向になっていたし、その他にも(クレオのことはよく知らなかったが)府のほうのドーンセンターについては非常に厳しい状況にあるということはよく聞いていた。

勝手に推測するんだけど、市の幹部連中は橋下大歓迎なんじゃないかと思う。いろんなしがらみがあって切れなかった予算、歴代市長もなかなか削減できなかった部分を、圧倒的な支持率を背景にぜんぶ泥かぶってばっさばさ切ってくれるのだからな。だいたいいくら選挙で選ばれたとはいえ官僚が動かない限り何も動かないのであって、その意味で表向き公務員をいじめているように見えてはいても、実際には少なくともトップの官僚の連中とはうまくやっているのではないかと思う。

さて、橋下の支持層の話に戻るが、特定の階層や集団に集中しているのならそれはどのような集団かを問うことができるが、それができないぐらいまんべんなく支持されている。いったいどういうロジックで、どういう感覚で支持されているのだろうか。

ちょっと前はこういう「普通の感覚」をうかがい知るために携帯サイトを巡ったりmixiのコミュや公開日記を見てまわったりしていたのだが、今ならtwitterとfacebookである。特にfacebookのほうは、全体公開のものであればプロフィールや友人関係まであわせて読むことができていろいろ便利である。まあ覗き見趣味かもしれないが、時間かけてじっくりやれば本当に勉強になる。

たまたま見つけたところで非常に示唆的なというか、おもしろい書き込みがあった。別にネトウヨということもない普通の若い一般のひとが、橋下の支持者のひとだったんだけど、共産党の悪口を書いているなかで、「こいつら大阪市の税金を湯水のように使いやがって!」と書いていたのである。まあ確かに共産党系の組合もあるし、つながってる部分もあるんだろうけど、それにしても共産党をdisるのに公務員といっしょくたにして税金泥棒よばわりとは、これはなかなか驚いた。

もちろんこれが正しいか間違っているかは問題ではなく、ここで「そういう人たちを一緒くたになってdisっている感覚」について考えないといけないのである。

で、ここまで書いてもう疲れたので、続きは明日にでも書くのである。次は都市の構造の「ある部分」について書きたい。それが、公務員と共産党を一緒くたにdisる感覚のもとになっていると思うのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。