せまりくる韓流依存症の恐怖

こないだ東京遊びにいったときに(みなさまお世話になりました)ちょっと空いた時間に新大久保のクロサワ楽器で(たぶん日本最大の)コントラバス専用フロアに行って120万円のウッドベース試奏したんですが(買いませんよ)(くそう欲しい)、そのときの新大久保の駅がもうすごかった。人が。

韓流好きなおんなのひと多いな!おばちゃんだけじゃなくて若い子もものすごく多かったぞ!! 俺が知ってる新大久保の街とはもう様変わりしてた。昔は金城武の『不夜城』っていう映画そのまんまの世界だったんだけどなー。今では健全な女子の遊び場になっている。

ほんで最近、いろんな学生としゃべったり、他の大学の教員のともだちとしゃべっててものすごい痛感するんだけど、この韓流の広がり方はほんとうに恐ろしいぐらいですよ。みなさん知ってましたか。あなたの妻も!娘も!妹も!彼女も!愛人も!母親も!みんな韓流にハマってますよ!!

これバラしちゃってええのかわからんけど(笑)、ある学生に聞いたところでは、(その学生の言い方では)見た目ふつうよりだいぶ可愛い子が、韓流にハマってぜんぜん彼氏つくらなくなって、こないだ彼氏つくったと思ったらすぐ別れて、その理由は「夜はずっとYoutube見たいのに電話かかってきてウザいから」……生放送じゃないですよ!Youtubeですよ!

他にもあるグループのツアーを追いかけてソウル→大阪→シンガポールとついてまわったり(同じコンサートですよ)、アルバイト代をぜんぶそれに注ぎ込んでる子なんかいっぱいいるぞ。

自分でも「もう現実に帰ってこれないんですよー」とか言うてるやつはまだまともで、ウチだけじゃなくて他の大学の友人も言うてたけど、レポートとか課題の提出もできなくなって学業にさしさわりが出てくるぐらいハマってるとか、あと「学生の生活のなかで最優先スケジュール」とされているアルバイトもサボっちゃったりとか、もう話を聞けば聞くほどほんとうに恐ろしい事態になっている。

いままで聞いたなかでいちばん面白かった話は。親が「特定アジア」(笑)が嫌いで、ちょっと偏見が混じった意見を持ってる親だったんだけど、その影響で「嫌韓」になった女子が、政治的意見はそのままで韓流にハマっちゃって、「○○(グループ名)の××君はめっちゃかっこいいから好きだけど、韓国は日本の国益を損ね(略)」とか真面目な顔で言ってるらしい。いつも韓流おっかけて韓国に行ってるんだけど、親には内緒で、台湾に行ってることになってるらしい。これはすごい。

最初は日韓文化交流でええことやないか〜と思ってたんだけど、あまりの依存症状態にちょっとさいきん俺も怖くなってきた。しかも韓流のアイドルって旬の時期が短くて、次から次へ新しいアイドルが生まれてくるらしくて、「いちどハマったらもう抜けられない」そうで。

ちゅーことで。そろそれこれ誰か書かへんかなと思ってるんだけど。『韓流依存の恐怖!』とかタイトルつけて新書にしたらめちゃめちゃ売れそうじゃない?

まあでも、日本と韓国が文化を通じて仲良くなるのは本当にええことですな。だいたい(上記のネトウヨ女子を除いて(笑))みんな韓国に対して良いイメージを持ってるみたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。