猫のシュレディンガー

シュレディンガーの猫の話が、むかしから嫌いだ。猫がかわいそうすぎる。

箱のなかに猫がいて、生きてる状態と死んでる状態が重なり合っている。箱を開けると、文系にはよくわからない理由で、生きてるか死んでるかはっきりする。

調べてみると、単に生きてるか死んでるかはっきりしたときの、死んでる状態って、たんに病気とかで死んでるんじゃなくて、青酸カリで殺すらしい。

シュレディンガーはなんてひどい話を考えるんだろう。シュレディンガーが憎い。

かわりに箱に閉じ込めてやりたい。シュレディンガーの猫ではなく、猫のシュレディンガー。箱のなかにシュレディンガーが入っている。生きてるか死んでるかわからない。猫が器用に箱をあけると(たまにキッチンのドアとかを開ける子いるよね)、シュレディンガーは、いつも生きている。猫は飼い主にそんなひどいことをしないからだ。

シュレディンガーと猫のふたりは、いつまでも仲良く暮らす。

ある日、シュレディンガーと猫が空を見上げると、銀色に輝くロケットが、空から降りてくる。ロケットは無事にシュレディンガーの庭に着陸する。中から1匹のライカ犬が出てくる。

ぼくをロケットに閉じ込めて、餓死するまで飛ばすなんてひどいよ。

ごめんごめん。びっくりした? ほんとうは、ちゃんと自動的に地球に帰ってくるように、ロケットをあらかじめプログラムしといたんだよ。

そうか、よかった。ほっとしたよ。

にゃー。

こうして、シュレディンガーと猫とライカ犬は、友だちになった。そしていつまでも仲良く暮らした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください