沖縄社会学会・第1回研究大会

沖縄社会学会・第1回研究大会のお知らせです。

このたび、「沖縄社会学会」第1回研究大会を開催する運びとなりました。

沖縄を研究する社会学者や民俗学者、歴史学者、人類学者、経済学者などは、数多く存在しますが、垣根を越えて研究を発表し、交流する場は、これまで多くはありませんでした。

私たち「沖縄社会学会」発起人一同は、こうした状況を打開し、実証的に沖縄の社会や文化や歴史や経済について研究する人びとが一堂に会する場をつくり、沖縄研究の発展に寄与するために集まりました。

沖縄社会学会は、かつて1977年に結成され、1987年まで活発に活動していましたが、さまざまな事情で30年にわたり活動を休止しています。しかし近年、沖縄をテーマとする研究は、量的にも質的にも格段に発展しています。私たちは、沖縄の実証研究のための場所の必要性がますます高まっていると痛感しています。

日頃より沖縄研究に携わっておられる先生方にぜひお集まりいただき、自由闊達な学的議論を交わし、知識を蓄積し、沖縄の平和と発展に貢献するために、再度沖縄社会学会を出発させようと願っています。皆様のご協力とご参加を、何卒よろしくお願い申し上げます。

発起人代表
安藤由美(琉球大学教授)

発起人
波平勇夫(沖縄国際大学名誉教授)、野入直美(琉球大学准教授)、鈴木規之(琉球大学教授)、澤田佳世(沖縄国際大学教授)

事務局
岸政彦(立命館大学教授)

*  *  *

第1回 沖縄社会学会研究大会

日時 2018年7月7日(土)15:00〜

場所 琉球大学法文学部2階202教室
(予約不要・参加費不要)

発起人代表挨拶 15:00〜15:10

報告者1 鈴木陽子(立命館大学大学院) 「沖縄のハンセン病療養所入所者にとっての戸籍復活」 15:10〜16:00

報告者2 坂下雅一(一橋大学) 「脱『集団視主義』的エスニシティ・ネーション論の効能―沖縄の研究文脈で」 16:10〜17:00

報告者3 安井大輔(明治学院大学) 「横浜市鶴見区の沖縄移民コミュニティにおける文化実践」17:10〜18:00

事務局挨拶および今後の予定について 18:00〜18:20

(終了後に懇親会を予定しております。詳細は当日お知らせします)

沖縄社会学会事務局連絡先
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 立命館大学大学院先端総合学術研究科
岸政彦 kisi あっとまーく fc.ritsumei.ac.jp

PDF版のフライヤはこちら。拡散希望です。

第8回 社会調査研究会(A研)大和冬樹・筒井淳也

次の研究会のお知らせです(今回から研究会の名称から「大阪」がなくなっております)。東京大学大学院生の大和冬樹さんにご報告いただきます。コメンテーターは立命館大学の筒井淳也先生です。

詳しくは以下を御覧ください。都市の貧困、統計的因果推論、近隣効果論などがキーワードです。まだあまり日本に導入されていない、米国の最新の統計技法についてご関心がある方は、お誘いあわせの上、ぜひぜひご参加ください。せっかくの交流の機会なので、院生さんも連れてきてください!

それではよろしくお願い申し上げます。参加自由・予約不要です。

     *  *  *

第8回 社会調査研究会(A研)

〈日時〉

2017年10月7日(土)14:00~18:00

〈場所〉

「コモンルーム中津」6階セミナールーム
地下鉄御堂筋線「中津」3番出口すぐ/阪急「梅田」駅(茶屋町)から徒歩10分
大阪市北区豊崎3-15-5
http://cr-nakatsu.com/

〈報告者〉

大和冬樹(東京大学大学院)

〈コメンテーター〉

筒井淳也(立命館大学)

〈報告タイトル〉

「近隣効果論とは何か ―米国都市貧困研究の達成と課題―」

〈概要〉

 近年米国の都市貧困研究では、近隣効果(Neighborhood Effect)論が隆盛を見せている。近隣効果とは、個人の社会経済的属性を超え、貧困が集中した空間の特性それ自体が貧困現象に影響を与えているのではないかとの仮説のもと、居住地それ自体が持つ効果を探求する研究プログラムである。本発表では、将来的な日本の貧困研究への応用を見据え、この近隣効果論のレビューを行う。まず、米国での発展動向を紹介した上で、この近隣効果論の方法論上の特徴と既存研究に比して優れている点、また、近隣効果論が研究プログラムとして抱えている問題点を指摘する。そして、日本において近隣効果論を導入する際はどのような点に留意すべきかを検討する。

〈報告者からの一言〉

 次回研究会は、「近隣効果論とは何か―米国都市貧困研究の達成と課題―」ということで、米国の貧困研究で近年隆盛を見せている近隣効果(Neighborhood Effect)論についてご紹介します。この近隣効果論は、貧困が集中した空間の特性それ自体が、個人の社会経済的属性を超え、貧困現象に影響を与えているのではないかとの仮説のもと、居住地それ自体が持つ効果を探求する研究分野です。米国では1980年代末より進展してきた分野なのですが、本邦ではほぼ未導入なのが現状です。

 近隣効果論は、米国で蓄積されてきた大規模パネルデータや移住実験データを元に、統計的因果推論を用いることで、貧困が集中する都市空間をいかに分析しうるかという点で方法論的に大きな示唆を持ち、日本の貧困研究の応用可能性を秘めています。その一方、米国で行われている近隣効果研究をそのまま日本に移植するには困難な点があり、また近隣効果論自体の方法論上の限界も存在します。本発表では、それらの点も含め近隣効果論について鳥瞰図的なレビューを行いたいと思います。

第6回 大阪社会調査研究会のお知らせ

ひさしぶりに大阪社会調査研究会(A研)を開催しますので、みなさまぜひふるってご参加ください。

今回は、大阪の被差別部落を中心として、大正期から戦後に至るまでの同和政策と解放運動を歴史社会学的に分析した、矢野亮さんの『しかし、誰が、どのように、分配してきたのか──同和政策・地域有力者・都市大阪』を取り上げ、著者ご自身にご報告いただきます。そして、コメンテーターお二人からコメントをいただき、著者からのリプライを経たうえで、全体討議をおこないたいと思います。

第6回 大阪社会調査研究会(A研)

2017/01/29(日)13時~

龍谷大学大阪梅田キャンパス研修室

『しかし、誰が、どのように、分配してきたのか──同和政策・地域有力者・都市大阪』書評セッション

著者報告

・矢野亮(著者/日本福祉大学)

コメンテーター

・宇城輝人(関西大学)

・前川真行(大阪府立大学)

出版社の詳しい紹介ページ

http://www.rakuhoku-pub.jp/book/27248.html

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/dp/4903127249

もちろん、読んでない方でも自由に参加してください(笑)。予約不要です。終了後は懇親会をおこなう予定です。

みなさまのご参加をお待ちしております!!!

講演会「橋下改革とその現実」のお知らせ

大阪社会調査研究会特別講演会「橋下改革とその現実」のお知らせ

橋下徹がタレントから政治家に転向し、府知事に当選してから6年半、大阪市長になってから3年半が経過しています。この間、橋下と彼が率いる「維新の会」は、メディアを巻き込んだブームに乗って、強力な勢力を築きました。

その後、強引な府市統合政策などをめぐって批判があいつぎ、両議会で過半数を割るに至り、最近ではその勢いにもかげりがみられます。

いくつかの過激な発言や手法から、橋下徹は「ポピュリズム」「ハシズム」などと叩かれてきました。

しかし、私たちは、橋下がおこなってきた一連の「改革」について、どれくらいのことを知っているでしょうか。

今回、政治学・行政学がご専門で、「橋下改革」について詳しい名古屋市立大学の三浦哲司先生をお招きし、具体的なデータから、「橋下はいったい何をしてきたのか/してこなかったのか」について、じっくりと勉強したいと思います。

一般の方、大歓迎です。予約不要、参加無料です。ぜひ皆様お越しくださいませ。

講演会「橋下改革とその現実」

日時
2014年8月30日(土)
13:00〜

場所
龍谷大学大阪梅田キャンパス
大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階
http://www.ryukoku.ac.jp/osaka_office/access/

講演
名古屋市立大学准教授 三浦哲司先生

お問い合わせ
龍谷大学准教授 岸政彦
kisi あっとまーく soc.ryukoku.ac.jp

一般の方歓迎、予約不要、参加無料。質疑応答もあります。